【定期テスト】基本問題、応用や実践問題をどれだけやればトップ高校に近づくのか

BLOG
スポンサーリンク

~一部有料記事となっております~

【有料記事を読む方法】

有料記事を読むには、 ●月額380円(税込)で全有料記事を読む(有料記事一覧)

※サブスク会員55名超えとなりました。ありがとうございます。

(注意【効果はある】子どもの個性に合わせた勉強法が一番だけれど労力は半端ないは除外)

●1記事150円(税込)または200円(税込) の都度払い の2方式になります。

毎月の有料記事は4回以上を目安にしているので、月額の方がお得です。

※購入段階で関連付けられた記事が全て読めます。

課金は購入日を起算日とし月毎おこなわれます

詳しくはコチラを参照してください

【codoc】の基本事項 サブスクリプション・決済システム

・codocに会員登録をして支払う

・会員登録をせず支払う

どちからを選択。

会員登録をしないで購入した場合、メールに本文が送信されます

会員登録しいれれば当ブログで閲覧可能。

推奨プラウザはChrome、Safari、Edgeです。

codocの決済はシステムは、クックパット、NIKKEI(日本経済新聞)、ユニセフも採用しているStiripeを利用。

codoc、中山側にはクレジットカードの情報は保存されません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回は【基本問題、応用や実践問題 どれだけやればトップ高校に近づくのか】と題してお話をしていきます。

高校受験、トップ高校をターゲットにしている時、【差が出やすい応用問題が出るけど、うちの子は苦手】と悩んでいる親は少なくないでしょう。

 

かく言う私も、そんな親の一人です。

子ども①は、教科全体では苦手教科はないのですが、ピンポイントで苦手単元があり、そこが出される定期テストや模試で【今回はあの科目だけ撃沈】が何度かあります・・・。

いや、現在進行形中・・・。

さすがに中学3年生で、受験学年でこの状況を改善しないとキケン。

 

おそらく、トップ高校を目指している小学生や中学生のいる親なら【問題集や塾のテキストの問題のレベルをどの割合で取り組ませた方が良いのか】と考えているはずです。

 

真のトップ層になるための根性ロードを大公開!

そんな方々の悩み解消になれば幸いです。

 

Kindle出版しました。Unlimitedでも読めます。

新作です!

 

 

タイトルとURLをコピーしました