小学1年生には早寝早起きなどの基本的な生活習慣を身に着けさせることが最重要。

とは言っても、家庭学習の習慣も、と考える親御さんは多いことでしょう。

今回は、小学1年時に我が家で使用した問題集を紹介します。

我が子に教える難しさ

 

勉強、みてあげているんでしょう?

私の経歴を知っているママさんに時々言われたりします。が、我が家の場合は子供①も②も親からアレコレ教えられるのは嫌がるタイプなので、1年生であっても極力教えないようにしてきました。

完全にサポーターに回りたいわけなんです、私。子供とケンカなんかしたくない、イライラしたまま夕飯の支度をしたくない。絶対に不味くなるので・・・。

(新婚当初から、ケンカ中に作るご飯は100%不味くなる私の腕前なので)

 最初は無料でしょ

 

小学1年生の4月、5月は慣らし期間ということもあり、ひらがなのプリント1枚に音読程度のものでした。プラス10分学習を考えると、ドリル問題集も考えましたが、とにかく①はドリルが嫌いなので(現在は、早くうんこドリルをやりたくてZ会の問題集を必死に解いていますが・笑)、毎日1枚ずつ渡す方式がよいと思い、ネットで無料の問題を探しました。

で、落ち着いたのが幼稚園時代から間違い探しなどでお世話になっていたちびむすドリル

こちらのサイトから、その都度プリントアウトしました。

問題の選び方もけっこう親にとっては重労働ですよね・苦笑。購入したのに、本人との相性が合わない、弱点克服になる問題が載っていない、というケースもあるので、日ごろから子供の勉強具合をそっとチェックする必要はありますね。

学年があがると、親の言うことを聞かなくなりますし、見るな!、と言われる可能性大ですから・・・。

 

これが、夏休みの宿題ね・・・

 

初めての夏休み。薄~い、宿題を持ってきた①。

クラスメイトのA君(とっても勉強が出来るお兄さんがいる、とっても優等生の子)は1,2日で終わらして、家の勉強をすると言っていた、と①が他人事のように言っていたのを鮮明に覚えています。

イヤイヤ、君もそういう心構えが欲しいんだけど、さー。

薄っぺらい宿題を見た旦那も、 「大丈夫か?」と心配顔。

こうなったら、本気で教材を探さないと夏は越えられないぞ!!、と重い腰をあげました。

 

CKTの教材

 

市販のものより、塾で使用されている問題集の方が出来がいいものです。

あまり一般に知られていはいないと思いますが、塾向けに教材を作成したり販売している会社があります。学校の副教材としても使われたりしていますが、家庭向けの販売はほとんどの会社は行っておりません。

私が知っている限りで、唯一購入可能なのがCKTさんの問題集です。

問題のレベルは、公立小学校の基本をベースにしつつ、そこにほんの少し応用問題が加味した仕上がりとなっています。

我が家の近くでは、特約店がなかったので直接代引きで送ってもらいました。マイジュックの小学1年生国語・算数で4,300円程度(代引き手数料と送料入れて)。

CKT販売
CKT販売 小学校低学年~高校生ま で塾向けの幅広いテキストを取り扱っています。

よくある質問に特約店一覧が載っています。

 

 

写真は見た通り、国語です。

学校では解かないような問題が載っています。(値段も値段だったのと、子供②も使うと思い、自宅でコピーしていました)

ドリル形式の問題とは違う、ちょっとレベルアップした気分になれたのか、子供①は喜んで解いていましたね。

 

今後の文法にもつながるような問題も。小学校からは出されないです、こういう宿題。

極端に難しい問題はないため、親にべったり質問してくることはありませんでした。自己努力を養うには適当なレベルです。

 

晩秋からはZ会の問題集

 

CKTが終了する前に、Z会のグレードアップ問題集に本屋さんで出会いました。

 

 

パラパラっと、めくり、これを1年時の確固たる基礎固め&応用力をつけさせるためにはベスト、と判断した私は迷わず買いました。

1ページ毎の問題は、とくに算数ではそう多くはないのですが、1年生の集中力を考えるとその配分で良いのだと思います。やらせ過ぎると絶対キレますから・笑。

 

2月~3月は復習期間

 

春の足音が聞こえてくると、親はどうしても先取りに目を行きがちです。

しかし、進級前に現時点での弱点克服をしないと土台がもろくなってしまいます。基礎固め、と思い復習教材を使ってみるべきだと思います。

 

 

こういう問題集が冬には店頭に並びます。

4月からは、本人も進級したのに!!、という気持ちが大きくなるので全学年の問題を解くのを嫌がったりするものです。なので、年度末がラストチャンスだ、と復習をしっかりしておきましょう。

春休み後半の4月に入った時に、新学年の漢字から予習を始めると気分もアゲアゲを維持してくれます。我が家もそうしています。

返事を書く

Please enter your comment!
名前の記入