好奇心旺盛な子に育つために家庭で実践したこと【乳幼児期が最適】

AD
(Last Updated On: 2021年8月20日)

一部有料記事となっております

【有料記事を読む方法】

有料記事を読むには、月額380円(税込)で全有料記事を読む(注意【効果抜群】子どもの個性に合わせた勉強法が一番だけれど労力は半端ないは除外)、

もしくは1記事150円(税込)の都度払い、の2方式になります。

毎月の有料記事は4回以上を目安にしているので、※月額の方がお得です

 

※購入段階で関連付けられた記事が全て読めます。 課金は購入日を起算日とし月毎おこなわれます。   詳しくはコチラを参照してください ↓

【codoc】の基本事項 サブスクリプション・決済システム   codocに会員登録をして支払う・会員登録をせず支払う、どちからを選択。

会員登録をしないで購入した場合、メールに本文が送信されます。

 会員登録しいれれば当ブログで閲覧可能。

推奨プラウザはChrome、Safari、Edgeです。

 

codocの決済はシステムは、クックパットやNIKKEI(日本経済新聞)、ユニセフも採用しているStiripeを利用。

codoc、中山側にはクレジットカードの情報は保存されません。    

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、今回のテーマはズバリ【好奇心旺盛な子に育つ秘訣】です。

家庭教育の本でしきりに指摘される、賢い子=好奇心旺盛な子。

 

どのような点を気をつけ、どういった玩具を買ってあげたりすべきか具体的なことに言及されることが少ない印象があります。

あるとしたら、読み聞かせ、科学館や博物館、自然に触れあう、というお決まりの文言が並んでいる・・・。

AD

 

本の中で具体的な玩具や書籍を紹介できない大人の都合もあるのでしょう。

ここでは、そういう大人の都合を取っ払ってお話をすすめていきます。

 

我が家の子ども①②③は、賢い子かどうかはまだ未知数なところがあります。

しかし、3人ともそれなりに好奇心旺盛な子に育ちました。

 

オリンピックの競技でも、普段TVなどで見ないような競技に関心を寄せます。

馬術やセーリング、どういった国が強いのかなども聞いてきたりします。

親が育児丸投げ&放置で、好奇心旺盛な子に育つことは稀です。

 

そして、小さければ小さいほど好奇心旺盛な子に育つ可能性が高まります。

【子どもは勝手に育つ】ではなく、親の働きかけが必要。

 

我が家で実践し、効果のあった【好奇心旺盛な子に一歩近づく具体的な方法】を紹介していきます。

 

AD

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください