【秘密にしたい】地方から難関大学合格への道が近づく5つの条件

0
1278
AD
(Last Updated On: 2021年8月20日)

 

一部有料記事となっております

突っ込んだ話を書くときは2021年6月より【一部有料】(簡単に言えば全文読むには有料)という形をと、さらに7月からはサブスクリプション方式も導入することにしました。

 

有料記事を読むには、月額380円(税込)で全有料記事を読む(注意【効果抜群】子どもの個性に合わせた勉強法が一番だけれど労力は半端ないは除外)、もしくは1記事150円(税込)の都度払い、の2方式になります。

 

毎月の有料記事は4回以上を目安にしているので、月額の方がお得です。

※購入段階で関連付けられた記事が全て読めます。課金は購入日を起算日とし月毎おこなわれます。

 

詳しくはコチラを参照してください→【codoc】の基本事項 サブスクリプション・決済システム

 

codocに会員登録をして支払う・会員登録をせず支払う、どちからを選択。

会員登録をしないで購入した場合、メールに本文が送信されます。

会員登録しいれれば当ブログで閲覧可能。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、今回のテーマはズバリ【地方から難関大学合格への道が近づく5つの条件】、です。

地方から難関大学合格を目指すなら、小学生の頃から対策を講じることが必要、というリアルをお伝えしています。

学歴が全てではないですが、職種によっては高い学歴の方が有利なため、小学校から長期計画を立てた方が合格を引き寄せやすいです。

 

AD

我が家でも現在進行形で長期計画の真っただ中にいますが、楽したがる子ども①では簡単ではありません・・・。

 

さて、地方と大都市圏を比べると難関大学進学者数に差があります。

人口を考えれば当然のことですが、地方出身でも難関大学や医学部に合格している受験生は毎年一定数いるわけです。

 

地方ではどうしても大都市圏と比較すれば少なく、そこにたどり着くまでの方法、ルートも限られています。

難関大学や医学部に、どういった子ども達がたどり着いているのでしょうか

そして、庶民的な子がどうすれば難関大学合格をゲットすることができるのかを考えていきます。

 



AD