地方から難関大学・医学部に入る子の特徴

0
593
AD
(Last Updated On: 2023年2月6日)

~一部有料記事となっております~

【有料記事を読む方法】

有料記事を読むには、

●月額380円(税込)で全有料記事を読む(有料記事一覧)

※サブスク会員40名超えとなりました。ありがとうございます。

(注意【効果はある】子どもの個性に合わせた勉強法が一番だけれど労力は半端ないは除外)

●1記事150円(税込)または200円(税込) の都度払い の2方式になります。

毎月の有料記事は4回以上を目安にしているので、月額の方がお得です。

※購入段階で関連付けられた記事が全て読めます。

 

課金は購入日を起算日とし月毎おこなわれます

詳しくはコチラを参照してください

【codoc】の基本事項 サブスクリプション・決済システム

・codocに会員登録をして支払う

・会員登録をせず支払う どちからを選択。

会員登録をしないで購入した場合、メールに本文が送信されます

会員登録しいれれば当ブログで閲覧可能。

 

推奨プラウザはChrome、Safari、Edgeです。

AD

codocの決済はシステムは、クックパット、NIKKEI(日本経済新聞)、ユニセフも採用しているStiripeを利用。

codoc、中山側にはクレジットカードの情報は保存されません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回は【地方から難関大学・医学部に入る子の特徴】を取り上げます。

 

教育に関心のある方が色々と情報を集めると、ほとんどの場合は【大都市圏&中受経験組】という家庭のケースになると思います

 

地方在住だと参考になりそうな点が少なく、どうしたらいいのかと悩む方も多いことでしょう。

一方、大都市圏&中受組からすると【地方で公立オンリーで本当に現役で医学部or超難関大学に合格できる子なんているの?】と思うかもしれません。

でも、いるんですよね。毎年のように。

 

経済力の影響もありますが、お金持ちだから全部うまくいくとは限りません。

 

・地方から超難関&医学部に現役合格する子の特徴

・親は何がどう違うのか

・一般家庭でマネできること

 

についてお話をしていきます。

 

Kindle出版しました。

 

AD