前回、漢字のスキル格差は見えないようにヒタヒタと忍び寄ることをお話しました。

詳しくはこちら。

 

漢字一文字なら対応できるのも2年までで、3年から徐々に差が出始めますマラソンで例えるなら、最初の5キロはペースランナーに引っ張られる1年生

 

2年生はほんの少し先頭と後ろの差が出始める10キロ地点3年は折り返し手前の20キロです。このあたりで前と後ろの差は街頭応援をしている第三者(先生や塾の先生など)は感じるはずです。

 

けれど、保護者は気が付きにくいんですよね。漢字は地味ですから(;’∀’)。

ですから、気が付いたときは手遅れに近い・死に物狂いでやらないと追いつかない状況になりやすいです。

 

漢字検定を受ける

 

漢字はハッキリしないスキルです・笑。

小学校で、計算スピードが速ければ周囲がワイワイ言ってくれますが、漢字に関してはそこまでワイワイ騒いだりしないです。

あいまいな漢字の定着やモチベーション向上に打ってつけなのが漢字検定です。

 

我が家の子供①は昨年から受け始めました。先取りではなく、前学年の復習も兼ねての受検です(;’∀’)

去年は10級を受けましたが、合格率もかなり高い(H28年度は約96%)こともありスンナリ合格しました。事前の対策は、右と左の書き順のおさらいなどをした程度でしたね。

 

が、9級になると合格率が90%になるので、うっかり屋の子供①はどう転ぶか分からないぞ!!、とばかりに復習のためにアルものを買いました・・・。

 

話題のうんこ漢字ドリル

 

あらゆるメディアで取り上げられ、近所の本屋さんでは一時期5年生の1冊以外全部SOLD OUTしていた「うんこ漢字ドリル」

 

 

以前から、Z会のグレードアップ問題集3年の漢字・言葉が終了したら買う、と約束していましたが、今回は漢検対策のために2年生のを購入しました。

 

例文を読んでは爆笑している①は、登校時にお友達に最高にイケている例文を教えているくらい大好きになっています・・・(;’∀’)。早く漢検が終わって3年生のが欲しいな~、と言うほどです。

 

漢字1つにつき例文は3つあり、音訓それぞれの読み方で覚えさせる工夫が施されています。親も目を通すと、なるほどな~、これは子供がハマルわけだ、と納得するような絶妙な例文ばかりです。

漢検までの日を逆算して、毎日いくつの漢字を復習する!、と意気込んでいる姿を見ると、買ってよかったな~、としみじみ思います。

 

 うんこ漢字ドリルの長所

 

何事にも長所と短所があります。

うんこ漢字ドリルの長所を先にお話ししてみましょう。これは完全に私の個人的な感想なのでご参考までに。

 

長所は何と言っても、子供が楽しく漢字の練習に取り組むことができる、です。例文を暗記してしまうくらいの威力を発揮していますからね。3年生のもきっとバンバンやってくれることでしょう。

 

例文もよく考えられていて、インパクトがあるものばかり。その中で使われている漢字がすんなりと頭に入っている印象は受けます。イラストも個性的なものが多く、思わず大人でも吹き出しそうです。なので、立ち読みするのは人がいない時にしましょう。

 

うんこ漢字ドリルの短所

 

これは、他のドリルよりも値段が高い、という点ですね。1冊1,058円です。

 

イラストとドリルの最後に立派な学習証明書も付いているので仕方がないと言えば仕方がないですね。これで多くの子供が面倒に思う漢字の勉強に取り組んでくれるのですから(;’∀’)

 

あと、個人的に気になったのが、漢字練習の枠が小さい点です。2年生用のも枠が小さいので、練習しにくいかな~、と。出ている例文で使われる漢字は、教科書レベルをベースにしているので、受験を考えているお子さん&保護者からしたら物足りなさを感じるかもしれません。

 

あくまで、学校の教科書の範囲内で収まるレベルです。我が家は、漢字の定着をモットーに掲げているので、これからもうんこ漢字ドリルとの付き合いは続きそうです(;’∀’)

 

子供②も秋からは1年生のをやる予定です。

本人も楽しみにしていますが、その前にカタカナを完璧にしなくては~、と焦っています。

 

返事を書く

Please enter your comment!
名前の記入