【思春期突入の中学生】内申書・評定を短期で上げるワザはない - 元塾講師 透明教育ママ見参!!
AD
ホーム BLOG 【思春期突入の中学生】内申書・評定を短期で上げるワザはない

【思春期突入の中学生】内申書・評定を短期で上げるワザはない

0
520
AD
(Last Updated On: 2022年9月28日)

~一部有料記事となっております~

【有料記事を読む方法】

有料記事を読むには、

●月額380円(税込)で全有料記事を読む(有料記事一覧)

(注意【効果はある】子どもの個性に合わせた勉強法が一番だけれど労力は半端ないは除外)

●1記事150円(税込)または200円(税込) の都度払い の2方式になります。 

 毎月の有料記事は4回以上を目安にしているので、月額の方がお得です。

※購入段階で関連付けられた記事が全て読めます。  

 

課金は購入日を起算日とし月毎おこなわれます

詳しくはコチラを参照してください

【codoc】の基本事項 サブスクリプション・決済システム  

・codocに会員登録をして支払う

・会員登録をせず支払う どちからを選択。  

AD

会員登録をしないで購入した場合、メールに本文が送信されます

 会員登録しいれれば当ブログで閲覧可能。

 

推奨プラウザはChrome、Safari、Edgeです。

 codocの決済はシステムは、クックパット、NIKKEI(日本経済新聞)、ユニセフも採用しているStiripeを利用。

codoc、中山側にはクレジットカードの情報は保存されません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回は【思春期突入の中学生 内申書・評定を上げるワザはない】を取り上げます。

絶望的なタイトルですが、親が技を繰り出そうとしても難しいです。

本当に本人次第。

 

子どもが小学生だと、中学なんてまだまだ先と思ってしまいますが、思春期突入中の親主導の軌道修正は期待できません

 

中学生になってから手を打つ、ではなく小学生の頃から心構えをして備えておく必要があります。

また、中学生になってから【何とか現状より改善したい】という時の親子で対策する裏技をご紹介します。

 

小学校の頃は学区の中学に進む限りほぼ気にしない評定や内申書。

小学生から知っておきたい【評定】【内申書】の重要性

 

中学に入った途端、気になってしまいます。

高校受験では当日の入試の出来以外にも、一定の割合で内申書(評定や学校での活動など)を加味します。

【点数:内申書】の割合が、9対1、8対2、7対3、と学校により異なりますが、進学校では当日の入試の点数を見る割合が高いです。

 

とはいえ、高校入試では受験生の学力差は超上位層を除くと大差ありません。

本番の出来で逆転もあるわけです。

合格ラインにいる場合、やはり先生達はじっくりと内申書を見比べます。

 

しかも、進学校を狙う子の多くは生徒会をはじめ、委員会活動、部活動で役職に就いている子が少なくありません。

 

内申書を良くする。評点を良くすることはトップ高校を目指す上では欠かせない条件の一つです。

 

今回は絶望的なタイトルですが、改善するワザをちゃんとご紹介しています。

・受験に向けて内申書を改善したい

・中学進学を控えて今から内申や評定に備えたい

・子どもが初めて接する大人の世界(評価主義)を事前に説明するメリット

 

といった勉強以外の超重要事項をお伝えしていきます!

 

AD