低学年から小4の壁を乗り越えるために準備して良かったこと

1
1151
AD
(Last Updated On: 2022年7月26日)

~一部有料記事となっております~

【有料記事を読む方法】

有料記事を読むには、

●月額380円(税込)で全有料記事を読む(有料記事一覧)

(注意【効果はある】子どもの個性に合わせた勉強法が一番だけれど労力は半端ないは除外)

●1記事150円(税込)または200円(税込) の都度払い の2方式になります。 

 毎月の有料記事は4回以上を目安にしているので、月額の方がお得です。

※購入段階で関連付けられた記事が全て読めます。  

 

課金は購入日を起算日とし月毎おこなわれます

詳しくはコチラを参照してください

【codoc】の基本事項 サブスクリプション・決済システム  

・codocに会員登録をして支払う

・会員登録をせず支払う どちからを選択。  

会員登録をしないで購入した場合、メールに本文が送信されます

 会員登録しいれれば当ブログで閲覧可能。

 

推奨プラウザはChrome、Safari、Edgeです。

 codocの決済はシステムは、クックパット、NIKKEI(日本経済新聞)、ユニセフも採用しているStiripeを利用。

AD

codoc、中山側にはクレジットカードの情報は保存されません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回は【低学年の頃から備えたい! 小4の壁を乗り越える準備】です。

 

子ども①②はすでに小4を過ぎ、残すところは子ども③のみ。

新学習指導要領で、公立小の学習内容の難易度が少々アップしている印象を受けます。

 

子ども①②と同じような感じでいると、ちょっと小4の壁をスムーズに乗り越えられないかな、と不安を感じています。

 

さらに、子ども③の上の二人の時に感じなかった【漢字の怪しさ】もあります。

小学2年から小学3年生は、地味に【学力の分岐点の直前期】です。

この時期から小4の壁を見据えて行動する意義や、我が家でやっている対策を大公開します。

 

AD

1コメント

Comments are closed.