【衝撃!学区の情報収集は超重要】新学習指導要領の流れに逆行している公立中学もある

BLOG
スポンサーリンク

~一部有料記事となっております~

【有料記事を読む方法】

有料記事を読むには、 ●月額380円(税込)で全有料記事を読む(有料記事一覧)

※サブスク会員55名超えとなりました。ありがとうございます。

(注意【効果はある】子どもの個性に合わせた勉強法が一番だけれど労力は半端ないは除外)

●1記事150円(税込)または200円(税込) の都度払い の2方式になります。

毎月の有料記事は4回以上を目安にしているので、月額の方がお得です。

※購入段階で関連付けられた記事が全て読めます。

課金は購入日を起算日とし月毎おこなわれます

詳しくはコチラを参照してください

【codoc】の基本事項 サブスクリプション・決済システム

・codocに会員登録をして支払う

・会員登録をせず支払う

どちからを選択。

会員登録をしないで購入した場合、メールに本文が送信されます

会員登録しいれれば当ブログで閲覧可能。

推奨プラウザはChrome、Safari、Edgeです。

codocの決済はシステムは、クックパット、NIKKEI(日本経済新聞)、ユニセフも採用しているStiripeを利用。

codoc、中山側にはクレジットカードの情報は保存されません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回は【衝撃?!学区の情報収集は超重要 新学習指導要領の流れに逆行している公立中学もある】と題し、ここ数年で激変している義務教育での学区でのレベル差問題をお話していきます。

 

私が住んでいる地域は、教育熱はそこそこ高めの地域。

公文や学研を筆頭に、メジャーな習い事はほぼまんべんなくあるエリア。

こうした習い事は教育産業なので、教室を出す際は【教育熱+子どもの人口】を考えて出します。

塾の新校舎を出す際も、【経済力】【教育熱】【個別教室の先生確保】【交通の便】などを考慮して出します。

 

私が住む地域は旗艦店ではないけれど、標準の教室を出すには条件がそろっている、という場所です。

ですから、その地域の小学校や中学校もそれなり教育熱の高い家庭の子がいるのですが、どうやら中学のテスト実情はちょっと違うようです・・・。

 

【安定している学区】であれば普通上位層をふるい分けるため【定期テストも難しい】が常識です。

けれど、【蓋を開けたらそうでもない】ということもあります。

 

リアルな公立中や定期テストのレベル、確実に出題傾向が変わってきている高校受験や大学受験に向けて、どのレベルの学力が必要かを考えていきます。

 

Kindle出版しました。Unlimitedでも読めます。

新作です!

 

 

タイトルとURLをコピーしました