【かなり面倒】夫婦間の教育方針の衝突を避ける方法

AD
(Last Updated On: 2021年9月14日)

  一部有料記事となっております

【有料記事を読む方法】

有料記事を読むには、月額380円(税込)で全有料記事を読む (注意【効果抜群】子どもの個性に合わせた勉強法が一番だけれど労力は半端ないは除外)、

もしくは1記事150円(税込)の都度払い、の2方式になります。

 

毎月の有料記事は4回以上を目安にしているので、※月額の方がお得です

※購入段階で関連付けられた記事が全て読めます。

課金は購入日を起算日とし月毎おこなわれます。

 

詳しくはコチラを参照してください ↓

【codoc】の基本事項 サブスクリプション・決済システム  

・codocに会員登録をして支払う

・会員登録をせず支払

どちからを選択。

 

会員登録をしないで購入した場合、メールに本文が送信されます。

会員登録しいれれば当ブログで閲覧可能。

 推奨プラウザはChrome、Safari、Edgeです。

codocの決済はシステムは、クックパットやNIKKEI(日本経済新聞)、ユニセフも採用しているStiripeを利用。

codoc、中山側にはクレジットカードの情報は保存されません。

AD

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、今回のテーマは【夫婦の教育方針の違い】【お母さんとお父さんの役割分担】についてお話していきたいと思います。

 子どもの教育方針が食い違うと夫婦仲に亀裂が入ったり、両方とも教育熱心だと子どもが潰れてしまう可能性もあります。      

 

親の【子どものために】という願いや考えが夫婦で完全に合致することは稀でしょう。

 

【子どもの人生は子どものもの】という大前提のもとで、

・教育方針の7箇条(実際に効果があったもの)

・教育方針で夫婦の衝突を回避する方法

を実体験を通じてお伝えしていきます。

 

 

AD

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください