トップ高校に楽勝に合格するのに必要なこと

BLOG
スポンサーリンク

~一部有料記事となっております~

【有料記事を読む方法】

有料記事を読むには、

●月額380円(税込)で全有料記事を読む(有料記事一覧)

※サブスク会員55名超えとなりました。ありがとうございます。

(注意【効果はある】子どもの個性に合わせた勉強法が一番だけれど労力は半端ないは除外)

●1記事150円(税込)または200円(税込) の都度払い の2方式になります。

毎月の有料記事は4回以上を目安にしているので、月額の方がお得です。

※購入段階で関連付けられた記事が全て読めます。

 

課金は購入日を起算日とし月毎おこなわれます

詳しくはコチラを参照してください

【codoc】の基本事項 サブスクリプション・決済システム

・codocに会員登録をして支払う

・会員登録をせず支払う どちからを選択。

会員登録をしないで購入した場合、メールに本文が送信されます

会員登録しいれれば当ブログで閲覧可能。

 

推奨プラウザはChrome、Safari、Edgeです。

codocの決済はシステムは、クックパット、NIKKEI(日本経済新聞)、ユニセフも採用しているStiripeを利用。

codoc、中山側にはクレジットカードの情報は保存されません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回は【トップ高校に楽勝に合格するにはどうすればいいか】をテーマに小学生から中学、高校での注意点を考えていきます。

地方のトップ高校は都会の方々から見れば楽勝に思えるかもしれませんが、トップ層は東大、東工大、京都大、国公立医学部医学科や旧帝大に現役合格するレベルがいます。

 

そして、地方でも公立中高一貫校が登場しているので通塾している子も珍しくありません。

そして、公立中高一貫校に縁がなかった子は自動的に地元の公立中に行き、そこから【トップ高校に入る&その中で上位層】を目指すようになります。

 

地方だからレベル低いということはないです。

今回のラインナップは以下の通り。

・小学生時代に鍛えておきたいこと

・学力が固定する中学で改善すべき習慣ポイント

・地方でよくある高校受験で燃え尽き回避する秘訣

 

地方でもトップ高校を目指す子は各中学校の別格組ばかりです。

そうした中でも合格を勝ち取るための術を考えていきましょう。

 

Kindle出版しました。Unlimitedでも読めます。

 

12,100問の超ボリューミーな基本的な足し算の電子書籍版のドリルを出版しました。

Unlimitedでも読めます。

1ページに110問。アメリカンスタイルの一桁から筆算の足し算ドリルです。

認知症予防にも是非ご利用ください。

タイトルとURLをコピーしました