【要注意】塾のクラス分け・組分けテストの意味と乗り越え方

BLOG
スポンサーリンク

~一部有料記事となっております~

【有料記事を読む方法】

有料記事を読むには、

●月額380円(税込)で全有料記事を読む(有料記事一覧)

※サブスク会員55名超えとなりました。ありがとうございます。

(注意【効果はある】子どもの個性に合わせた勉強法が一番だけれど労力は半端ないは除外)

●1記事150円(税込)または200円(税込) の都度払い の2方式になります。

毎月の有料記事は4回以上を目安にしているので、月額の方がお得です。

※購入段階で関連付けられた記事が全て読めます。

 

課金は購入日を起算日とし月毎おこなわれます

詳しくはコチラを参照してください

【codoc】の基本事項 サブスクリプション・決済システム

・codocに会員登録をして支払う

・会員登録をせず支払う どちからを選択。

会員登録をしないで購入した場合、メールに本文が送信されます

会員登録しいれれば当ブログで閲覧可能。

 

推奨プラウザはChrome、Safari、Edgeです。

codocの決済はシステムは、クックパット、NIKKEI(日本経済新聞)、ユニセフも採用しているStiripeを利用。

codoc、中山側にはクレジットカードの情報は保存されません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回は【塾のクラス替え・組分けテスト乗り越え術】と、塾で行われるクラス分けテスト対策を考えていきます。

首都圏や近畿圏など、中学受験がフツーの地域の中受専門塾では当然の如く行われているクラス分けテスト。

 

地方でも、トップ校を狙う子が通う塾ではクラス分けテストがフツーに行われています。

大都市に比べればのんびりとした雰囲気の地方の進学塾でも、中学生になるとガラリと変わり、明確な基準でクラス分けテストが行われます。

 

子ども①は何とかその波を超えてきましたが、心配性の子ども②がその波を乗り越えるべく緊張感を身にまとい日々家庭学習に励んでいます。

 

塾のクラス替えテストを乗り越えるには何が必要なのか、かなりの保護者の方が悩んでいると思います。

そこで今回は、リアルにクラス分けテストを経験している元塾講師ママの私が考える【クラス分けテストの乗り越え方】をご紹介していきます。

 

Kindle出版しました。Unlimitedでも読めます。

 

タイトルとURLをコピーしました