【塾選び】 塾側から反感を買わないポイントと親身な塾の特徴 | 元塾講師 透明教育ママ見参!!

【塾選び】 塾側から反感を買わないポイントと親身な塾の特徴

BLOG
スポンサーリンク

~一部有料記事となっております~

【有料記事を読む方法】

有料記事を読むには、

●月額380円(税込)で全有料記事を読む(有料記事一覧)

※サブスク会員55名超えとなりました。ありがとうございます。

(注意【効果はある】子どもの個性に合わせた勉強法が一番だけれど労力は半端ないは除外)

●1記事150円(税込)または200円(税込) の都度払い の2方式になります。

毎月の有料記事は4回以上を目安にしているので、月額の方がお得です。

※購入段階で関連付けられた記事が全て読めます。

 

課金は購入日を起算日とし月毎おこなわれます

詳しくはコチラを参照してください

【codoc】の基本事項 サブスクリプション・決済システム

・codocに会員登録をして支払う

・会員登録をせず支払う どちからを選択。

会員登録をしないで購入した場合、メールに本文が送信されます

会員登録しいれれば当ブログで閲覧可能。

 

推奨プラウザはChrome、Safari、Edgeです。

codocの決済はシステムは、クックパット、NIKKEI(日本経済新聞)、ユニセフも採用しているStiripeを利用。

codoc、中山側にはクレジットカードの情報は保存されません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回は【塾選び 塾側から反感を買わないポイントと親身な塾の特徴】と題して塾選びのポイントを解説していきます。

 

入塾のタイミングは以下の三通りが多いでしょうか。

・新年度の切り替えとなる3月から4月(春休み)

・中学受験する場合は小学生コースの新年度となる2月

・夏休みなどの講習会で体験して決める

 

個別指導ですと、中学生は定期テスト結果が出た後の6月から夏休みがけっこう多いです。

 

塾側は【いつでも入塾OK】ですが、タイミングはほぼ決まっています。

 

塾はご存知の通り、安くはない習い事です。

月々の月謝と、季節講習会は別物。

受験学年になると月謝は高くなり、模試代やテキスト代も発生したりと家計への負担は軽くありません。

 

実績の良い塾は心惹かれますが、子どもと合うかどうかはまた別の話。

 

せっかくお金をかけるのであれば、賢く塾を利用していきたいものです。

ということで、今回は元塾講師ママが【賢い塾選びと塾側から反感を買わないコツ

など、成績の悩みを聞きアドバイスできる塾の特徴など、納得できる塾選びをご紹介していきます。

 

Kindle出版しました。Unlimitedでも読めます。

タイトルとURLをコピーしました