【無意味ではない】地方での中学受験の効果 | 元塾講師 透明教育ママ見参!!

【無意味ではない】地方での中学受験の効果

BLOG
スポンサーリンク

 

~一部有料記事となっております~

【有料記事を読む方法】

有料記事を読むには、

●月額380円(税込)で全有料記事を読む(有料記事一覧)

(注意【効果抜群】子どもの個性に合わせた勉強法が一番だけれど労力は半端ないは除外)

●1記事150円(税込)の都度払い

の2方式になります。

 

  毎月の有料記事は4回以上を目安にしているので、月額の方がお得です。

※購入段階で関連付けられた記事が全て読めます。

  課金は購入日を起算日とし月毎おこなわれます。

詳しくはコチラを参照してください

【codoc】の基本事項 サブスクリプション・決済システム  

 

・ codocに会員登録をして支払う

・会員登録をせず支払う

どちからを選択。

会員登録をしないで購入した場合、メールに本文が送信されます

  会員登録しいれれば当ブログで閲覧可能。

推奨プラウザはChrome、Safari、Edgeです。

 

codocの決済はシステムは、クックパットやNIKKEI(日本経済新聞)、ユニセフも採用しているStiripeを利用。

 codoc、中山側にはクレジットカードの情報は保存されません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回は【無意味ではない 地方での中学受験の効果と題し、レアケースの地方での中学受験の意義を考えていきます。

生まれも育ちも地方ですと、人生初の受験は高校受験という親が圧倒的多数だと思います。

昭和や平成初期の頃に中学受験する地方の子といえば、国立大学附属中を受けるか私立中学の二つのパターンしかありませんでした。

私の周囲では、住んでいる地域も市街地だったこともあり中学受験した、しかも国立中や私立中学を受けるという同級生が二人、三人くらいいました。

私的には「どうして受けるのかな」と不思議でしたが、高校に入ると「元私立中学の子」「国立中学に通っていた子」と同級生になり何となく理由が見えてきまいた。

私立中学経由でトップ高校に入る子は、地元の名士の子や歯医者さんやお医者さんの子が圧倒的に多かったです。

それと同時に、通学距離の問題から国立中学ではなく送迎バスのある私立中学を選んでいる子もいました。

昔の地方での中学受験は非常に閉ざされた世界でありましたが、今も高校受験=人生初の受験、というのが常識です。

 

ただ、21世紀に入って公立中高一貫校が誕生し少し中学受験する家庭も増えてきています。

教育熱が高い地方在住の親は「中学受験するかどうか」「高校受験にターゲットを絞るか」の二つの選択で悩むと思います。

ぶっちゃけ、中学受験の勉強は受験しなければ必要ないものです。

とはいえ、全く無視するのももったいないです。

エール出版社より本が出版されました。

小学3年生から4年生で気をつけるべきことを詳しく取り上げています。

created by Rinker
エール出版社
¥1,760 (2024/05/19 14:41:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

kindle出版しました。unlimitedでも読めます。

完全に無料で読めるコミックエッセイです。

 

↓こちらはアマゾンの縦読みfliptoonです。

キンドルとは違う読み心地かなと思いますので、読み比べもしてみてください。

内容は一緒です!

透明教育ママの絵日記 教育系コミックエッセイだけど役に立つ可能性ゼロ【ブログ放置編】

created by Rinker
¥250 (2024/05/19 14:12:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

新作です。

 

kindleのジャンル別ベストセラー獲得しました!

ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました