子どもが小学生でも必須な理由とは? 絶対に確認して欲しい公立高校入試の難易度

0
802
AD
(Last Updated On: 2022年11月9日)

 

~一部有料記事となっております~

【有料記事を読む方法】

有料記事を読むには、

●月額380円(税込)で全有料記事を読む(有料記事一覧)

※サブスク会員40名超えとなりました。ありがとうございます。

(注意【効果はある】子どもの個性に合わせた勉強法が一番だけれど労力は半端ないは除外)

●1記事150円(税込)または200円(税込) の都度払い の2方式になります。 

 毎月の有料記事は4回以上を目安にしているので、月額の方がお得です。

※購入段階で関連付けられた記事が全て読めます。  

 

課金は購入日を起算日とし月毎おこなわれます

詳しくはコチラを参照してください

【codoc】の基本事項 サブスクリプション・決済システム  

・codocに会員登録をして支払う

・会員登録をせず支払う どちからを選択。  

会員登録をしないで購入した場合、メールに本文が送信されます

 会員登録しいれれば当ブログで閲覧可能。

 

AD

推奨プラウザはChrome、Safari、Edgeです。

 codocの決済はシステムは、クックパット、NIKKEI(日本経済新聞)、ユニセフも採用しているStiripeを利用。

codoc、中山側にはクレジットカードの情報は保存されません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回は【子どもが小学生でも必須な理由とは? 絶対に確認して欲しい公立高校入試の難易度】を取り上げていきます。

自治体の入試問題はかなり難易度が違います。

東京では日比谷や西高では独自問題制度を取り入れていますが、公立高校は「高校の難易度関係なく受験生は同じ問題を解く」というスタイルが基本。

 

トップ高校を目指す場合、早めに「住んでいる地域の入試問題の難易度」を把握することが必要です。

早め、というのは中学1年生ではありません。

小学校3,4年生頃から入念に調べて中学進学に備えましょう。

 

なぜ必要なのか。どうすれば難易度が分かるのを説明していきます。

 

AD

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください