親は理解不可能?、な絵本たち

必ず通った絵本たち

子供①②③、我が子が必ず通った抽象的な絵本があります。

別に、これあるよ~、と私が手に取って見せてわけではなく、バーバーパパ同様に自ずと選んだ本。しか~し、親の私は???な世界観。そんな絵本が3冊あります。有名な絵本なのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

もこ もこもこ

三大抽象絵本(勝手に私が名づけました)の中で一番、低年齢向けの絵本です。

これも、図書館に置いてあるのを子供①が手に取る→読んでとせがまれる→読む・・・→楽しかったのかまた読むように頼まれる。

年齢的に、2歳半頃だったでしょか。その後子供②にもリレーされたので、4年近くけっこうな確率で図書館から借りてきました。で、もう卒業したなと思っていたのですが、子供③もこれまた自分で本棚(表紙が見える棚)から取ってきて、何度も読んでいます。

アンパンマンの絵本より好きですね。子供③はアンパンマンに関しては紙芝居派ですから・笑。どこが面白かったを成長した①と②に聞いたことがあります。

つん→ぽろり、の流れがツボだったようです・・・。

子供③のツボは、読み聞かせ時の様子を見る限り、ニョキニョキ→ぱく→もぐもぐ、の流れですね~。

う~ん、謎です。

もけら もけら

こちらは、「もこ もこもこ」に慣れてさぁステップアップするぞ、という感じで選びましたね。、3人とも。「もこ もこもこ」はストーリー性がありますが、こちらは完全にない、としか言えません・笑。

私もこの絵本を読み際は、色彩によって声色をかえています。’’じょわらん じょわらん’’の場面は夜中のような気持ちで、と。声色作戦もあってか、これも何度もリクエストされました。連投しているリリーフエースの気分ですよ・・・。

子供③が現在、はまっています。「もこ もこもこ」から新しい刺激を求めたようです。

’ぴた どら ぴた ごら’のシーンの図形がお気に入りのようです。こればかりは、もう少し成長してからツボを聞くしかありません。ちなみに、子供①②のツボはそれぞれ、’’しゃば’’、と’’ずばらば’’、だそうです。

理由は、響き、だそうです。

カニツンツン

さらに高度な内容となる「カニツンツン」これは、カニの一大旅行記なのか?!、と思ったりする私がいます。

セリフはカタカナで、読み聞かせをする度に噛みます・笑。ものすご~く、かちこちな言い方で読むのですが、これがどうやら子供のツボにはまったらしく、①も②も好きでしたね~。

子供③はまだちょっとレベルが高いらしく、絵本をペラペラめくって眺めてる程度です。カニがたくさん出てきてビビッているのかもしれません。弱虫だな~。

あとがきに、セリフの意味が説明してありますので、親御さんは一読してみてはどうでしょうか。深い深い知的で繊細な言葉遊びの世界なんだ、と思いました。

共通点

この3大抽象絵本には共通点があります。そう、絵が元永定正氏によるものです。

「もこ もこもこ」の時とは異なり、「もけら もけら」と「カニツンツン」では絵にくっきりとした輪郭を描いていますね。

ちなみに、3人ともこちらの本も好きでしたね。

乳幼児の心を射止める芸術家さんって、凄いの一言です。こうしたら受け入れてくれる、と考えても相手は小さい子ですから、拒絶される可能性もあるんですよね。言葉と絵が織りなすハーモニーが直球ストライク!、になったとしか思えません。

打算的ではないのが逆にいいのでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする